川口市を中心とした埼玉県の会社設立・法人税申告・創業融資をサポート!

贈与税の申告について

2014/01/09

昨日、贈与税についてのご相談がございました。

平成27年から相続税・贈与税の改正があり、興味を持たれる方が増えているようです。

1/1~12/31までの間に現金や不動産などの贈与を受けた場合、
翌年の3/15までに贈与税の確定申告をしなければなりません。

ただし、この1年間に受けた贈与の額が110万円までは非課税となりますので、
110万円を超えた額に贈与税がかかります。

200万円の現金の贈与を受けた場合は

200万円ー110万円=90万円となり
90万円が課税の対象になります。
90万円ですと税率は10%ですので、
9万円の贈与税がかかります。
ですから191万円は手元に残るわけです。

土地や建物を贈与したいのですが、贈与金額はいくらにすればいいですか?
というご質問も多いです。

土地の場合は、その土地の相続税評価額。
建物の場合は固定資産税評価額が贈与を受けた金額となります。

ただし、土地や建物は評価方法が色々あり、減額できるものをし忘れて多く税金を払ってしまうこともありますので要注意です。

また、会社を経営されている方が自社株を贈与したい場合は、その会社の株式の評価をしなければなりません。

贈与をしたい!でも税金がかかるかもよくわからないと言う方は、是非弊事務所へ御相談下さい。

川口市を中心に、越谷市、春日部市、草加市、さいたま市、蕨市などの埼玉県南部の
会社設立・法人決算・企業顧問・相続税申告は税理士法人倉持会計

この記事のコメント

※記事に対するコメントは、審査したものを掲載しています。

名前

E-mail

 ※E-mailは掲載いたしません

URL

 ※URLは名前にリンクされます

コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.kuratax.com/mt/mt-tb.cgi/68

※記事に対するトラックバックは、審査したものを掲載しています。

Copyright © 2011 倉持税務会計事務所 All Rights Reserved.