川口市を中心とした埼玉県の会社設立・法人税申告・創業融資をサポート!

母校、慈林小学校での租税教室

2014/01/21

こんにちは。

1/16(木)に私の母校である、川口市立慈林小学校に租税教室の講師をしてまいりました。
税理士になり早5年。初めて母校でお仕事をさせていただきました。

30分ほど前から体育館で授業の準備をしていたところ、
卒業式間近の小学六年生たちは体育館で卒業の発表の練習をしていました。
「生きる」という谷川俊太郎さんの詩をパートパートで大きな声で発表する練習でした。
http://www7.ocn.ne.jp/~mitsue/ikiru.html
何度か聞いているうちに遠い記憶がよみがえってきました。

恐らく自分たちの代もこの詩をみんなで発表したと思います。
そして当時メチャクチャ熱い鈴木圭子先生が熱く指導していた記憶が。。。

この日も、同じく女性の先生が熱く指導されていました。
慈林スピリッツの承継ですね(笑)

小学六年生の時にこの体育館で将来自分が何になりたいのかを発表する時間がありました。
きっと同級生は覚えてくれています。
私はムーンウォークで登場し、ブレイクダンスをして、「僕は税理士になりたいですっ!」
と、ダンスと関係ない職種を発表し爆笑を得たのを(笑)

そんな記憶がよみがえる中、小学校の時の夢をかなえ、発表した現場で税理士として租税教室を行うなんて夢にも思っていませんでした。
人生って面白いですね。

租税教室では流す予定だったアニメのDVDが不具合で放映できないアクシデントがあり、急遽DVDの内容を黒板を使い、児童に質問を投げかけながら進めました。
IMG_8128.jpg

しかし、児童達は元気よく色々と答えてくれて、結果的には児童の身になる授業になったかもしれません。
現在慈林小学校の6年生は4組まであり、人数は130人超。
市内には少子化で60人弱しかいない学校もあるんですが、慈林小盛り上がってます!

IMG_8120.jpg

少し時間が余ったので質問コーナーをしたところ、、、
多くの児童が手を挙げて積極的に参加してくれました。
さすが我が慈林小!(笑)

そして質問が非常に鋭いです。
「なんで日本はこんな借金を抱えるようになってしまったんですか?」

時代も変わるのですから世代によって抱える問題というのも変わってきます。

しかし、子供たちが希望の持てる日本を作っていかなければならないなと立ち奮わせられる質問でした。

今回の租税教室で、子供たちが税金について興味をもってもらい色々と考えるきっかけになれば幸いです。


埼玉県川口市を中心に、越谷市、春日部市、草加市、さいたま市、蕨市などの埼玉県南部の
会社設立・法人決算・企業顧問・相続税申告は税理士法人倉持会計









この記事のコメント

※記事に対するコメントは、審査したものを掲載しています。

名前

E-mail

 ※E-mailは掲載いたしません

URL

 ※URLは名前にリンクされます

コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.kuratax.com/mt/mt-tb.cgi/70

※記事に対するトラックバックは、審査したものを掲載しています。

プロフィール

keisan1.jpg
  税理士   倉持 佳    
>>詳しくはコチラ
<<2014年1月>>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
倉持税務会計事務所

このブログを購読

Copyright &copy; 2011 倉持税務会計事務所 All Rights Reserved.